FANDOM



クルト・ユルゲンスCurd Jürgens, 1915年12月13日 - 1982年6月18日)は、ドイツ俳優

略歴 編集

ミュンヘンユダヤ系テンプレート:要出典の家庭に生まれる。ベルリン高校を卒業後、新聞記者となるが、最初の妻で女優のルイーズ・バスラーの勧めにより俳優を志す。

1935年ベルリンのメトロポール劇場で初舞台を踏んだ後、ウィーンのドイツ民衆劇場、ブルク劇場などを遍歴する。映画初出演は1935年の『ワルツの季節』。舞台・映画俳優としてのキャリアを重ねる。

しかし、ユダヤ系という理由でテンプレート:要出典、1944年にゲッベルスの命により強制収容所に送られた。

戦後解放され、一時的に新聞記者をした後、1947年にザルツブルクで舞台に復帰し、映画出演も再開した。

1955年のフランス映画『悪の決算』(岸惠子の夫だったイヴ・シャンピ監督)でヴェネツィア国際映画祭 男優賞を受賞、一躍国際的に知られる存在となり各国の映画に出演するようになった。同年のマリア・シェル共演の旧西ドイツ映画『Die Ratten』(日本未公開)は第5回ベルリン国際映画祭でグランプリ(金熊賞)を獲得している。

ハリウッド映画初出演は1957年の『眼下の敵』のドイツUボート艦長フォン・シュトルベルク役。戦争映画ではヒューマンなドイツ将校から貴族的なドイツの将軍といった役どころに重用された。

1958年(昭和33年)3月2日から5日まで来日している。

1950年以降、西ドイツで4本の映画を監督、1976年には自伝を出版している。5度の結婚歴があり、ハンガリー出身のハリウッド女優エヴァ・バルトークもその一人。1982年、ウィーンで心臓発作により死去。ウィーン中央墓地の32C区に葬られている。

主な出演作品 編集

  • モーツァルトの恋 The Mozart Story (1948年、オーストリア)
  • 悪の決算 Les Héros Sont Fatigués (1955年、フランス)
  • 悪魔の将軍[1] Des Teufels General (1955年、西ドイツ)
  • 第五戦線・遠い道 London ruft Nordpol (1956年、西ドイツ/イタリア)
  • 素直な悪女 Et Dieu... Créa la Femme (1956年、フランス)
  • 反乱 Michel Strogoff (1956年、西ドイツ)
  • 眼には眼を Oeil pour oeil (1957年、フランス) - キネマ旬報ベストテン第4位。アンドレ・カイヤット監督
  • にがい勝利 Bitter Victory (1957年)
  • スパイ Les Espions (1957年、フランス) - アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督
  • 眼下の敵 The Enemy Below (1957年、アメリカ)
  • ダニー・ケイの戦場のドン・キホーテ Me and the Colonel (1958年、アメリカ)
  • 年頃ですモノ! This Happy Feeling (1958年)
  • 六番目の幸福 The Inn of the Sixth Happiness(1958年、アメリカ)
  • 香港定期船 Ferry to Hong Kong (1959年、イギリス)
  • 嘆きの天使 The Blue Angel (1959年、アメリカ)
  • 三文オペラ Die Dreigroschenoper (1962年、西ドイツ)
  • 史上最大の作戦 -The Longest Day (1962)
  • ディック・パウエル・ショー The Dick Powell Show (1962年)
  • 第二次大戦秘話・白馬奪回作戦 Miracle of the White Stallions (1963年)
  • スエーデンの城 Château en Suède (1963年)
  • 情事の曲り角 Of Love and Desire (1963年)
  • ロード・ジム Lord Jim (1965年、イギリス)
  • アルデンヌの戦い Dalle Ardenne all'inferno (1967年、イタリア)
  • 0011ナポレオン・ソロ/ミニコプター作戦 The Five Daughters Affair (1967年)
  • O.S.S.117/殺人売ります OSS 117 - Double Agent (1968年)
  • サーカス小屋の芸人たち 処置なし Die Artisten in der Zirkuskuppel: Ratlos (1968年、西ドイツ)
  • 世界殺人公社 The Assassination Bureau (1969年、イギリス)
  • 激戦地 La Legione dei dannati (1969年、イタリア)
  • ネレトバの戦い Bitka na Neretvi (1969年、ユーゴスラビア)
  • 空軍大戦略 Battle of Britain (1969年、イギリス)
  • ガラスの墓標 Cannabis (1970年、フランス)
  • ハロー・グッドバイ Hello-Goodbye (1970年)
  • サンパウロから来た牧師 Der Pfarrer von St. Pauli (1970年、西ドイツ)
  • 殺し Kill! (1971年、フランス)
  • 悪魔のワルツ The Mephisto Waltz (1971年、アメリカ)
  • ニコライとアレクサンドラ Nicholas and Alexandra (1971年、イギリス)
  • 007 私を愛したスパイ The Spy Who Loved Me (1977年、イギリス)
  • 戦場の黄金律 戦争のはらわたII Steiner - Das eiserne Kreuz, 2. Teil (1979年、西ドイツ)
  • ジャスト・ア・ジゴロ Schöner Gigolo, armer Gigolo (1979年、西ドイツ)
  • テヘラン 43 Tegeran-43 (1981年、ソ連)

脚注 編集

  1. 日本未公開であったが、2007年3月、東京アテネ・フランセ文化センターで開催された「ヘルムート・コイトナーHelmut Käutner)監督特集」の中で日本語字幕付きでDVD上映された。
    アテネ・フランセ 2007年1月・2月・3月上映スケジュールゲーテ・インスティトゥート公式HPでの紹介

外部リンク 編集

da:Curd Jürgenseo:Curd Jürgensfi:Curd Jürgensid:Curd Jürgens it:Curd Jürgens la:Curd Jürgens lb:Curd Jürgens nl:Curd Jürgenspt:Curd Jürgens ro:Curd Jürgenssh:Curd Jürgens sv:Curd Jürgens