FANDOM


ケイリー=ヒロユキ・タガワ(Cary-Hiroyuki Tagawa、日本名:田川 洋行〈たがわ ひろゆき〉、1950年9月27日 - )は、アメリカ合衆国俳優

来歴 編集

生い立ち編集

東京都東麻布に生まれる。父親はアメリカ軍に勤務する日系アメリカ人二世、母親は宝塚歌劇団出身の女優で歌手の旗マリ子である。日本生まれであるが、5歳でアメリカに移住してアメリカ国籍を取得している。

「ケイリー」(Cary)の由来は、母親がケイリー・グラントが好きだったことによるもの。日本人であるという自覚を持ち、何事にも積極的に取り組む姿勢から高校時代は生徒会長も務めたことがある。またその頃から演劇に興味を持ち、学内演劇では『アーサー王物語』の主役を演じている。それがきっかけで本格的に役者になることを目指し南カリフォルニア大学へ進学し演劇を専攻。大学在学中には生まれ故郷である日本の早稲田大学に1年間留学したという。日本から帰国後は、南カリフォルニア大学へ戻って卒業。その後は貿易関係の仕事に就いたり、ジャーナリスト、ストリート・パフォーマーなど様々な職に就いた。もともと日本生まれのタガワではあるが、早稲田大学留学中はかつての日本とは変わっていることもあり、カルチャーショックもいくらかあったとインタビューで語っている。

俳優編集

1980年代中ごろから端役で映画に出演し始め、主にアクション映画アジア人の悪役として出演していたが、1980年代後半以降は『ラスト・エンペラー』や『007 消されたライセンス』、『PLANET OF THE APES/猿の惑星』などのハリウッドの大作への出演や重要な脇役での出演が多い。

日本テレビ番組では、『アッコマチャミ新型テレビ』(FBS)やタモリ司会の昼番組『笑っていいとも』にゲスト出演したことがある。『PLANET OF THE APES/猿の惑星』の宣伝による出演だが、映画で登場する猿の格好で登場し、素顔は見せなかった。またそのメイクアップで、渋谷HMVでトークショーも開催され、マスコミや一般の聴衆を前に流暢な日本語でティム・バートン監督や映画について熱く語った。

ロブ・マーシャル監督の『SAYURI』の東京プレミアにも出席しており、共演の渡辺謙役所広司桃井かおり工藤夕貴らと共に舞台挨拶を行った。日本人俳優の共演作品は多いが、その中でも工藤夕貴との共演作品は多く『ピクチャーブライド』、『ヒマラヤ杉に降る雪』、『SAYURI』の3本がある。2003年に行われたゆうばり国際ファンタスティック映画祭におけるヤング・ファンタスティックグランプリ部門の審査員も工藤と一緒に務めた。

縁戚編集

叔父は歌手の旗照夫、俳優の旗昭二(いずれも母親の弟)、また従弟に中山千彰テレビプロデューサーで、元ニッポン放送ディレクター)がいる。

私生活編集

1984年に結婚しており、妻のサリーは画家として活躍していた。結婚当初はカリフォルニア州ベニスビーチに居を構えていたが、『ライジング・サン』への出演以降、ハワイへ移住した。現在もハワイへ住んでおり、俳優業の傍ら「Chun Shin」という、日本の武術を基にしたトレーニング・システムを考案し、主にハワイ大学フットボールチームなどをサポートしている。妻のサリーは現在ペインターとして活動しており、妻との間には2児がいる。

出演作品 編集

外部リンク 編集

it:Cary-Hiroyuki Tagawa ko:캐리 히로유키 타가와pt:Cary-Hiroyuki Tagawasr:Кари-Хиројуки Тагава tl:Cary-Hiroyuki Tagawa tr:Cary-Hiroyuki Tagawa