FANDOM


ジャンカルロ・ジャンニーニGiancarlo Giannini1942年8月1日-)はイタリア出身の俳優である。

プロフィール編集

リグーリア州ラ・スペツィアで産まれ、ナポリで育った。ローマの国立演劇アカデミーで演技を学び、舞台俳優としてキャリアをスタートさせた。

1973年に『愛とアナーキーの映画』でカンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞し、1974年に『流されて…』に主演、1977年には『セブン・ビューティーズ』でアカデミー主演男優賞にノミネートされるなど、一連のリナ・ウェルトミューラー監督作品で世界的に知られるようになった。

1960年代後半からアメリカ資本の作品にも出演していたが、1980年代からアメリカ映画への出演が増加、1989年公開の『ニューヨーク・ストーリー』、1995年公開の『雲の中で散歩』、1997年公開の『ミミック』などに出演、特に2001年に出演した『ハンニバル』のパッツィ刑事役は彼の存在を強烈に印象づけた。テレビと映画を合わせた出演作品は100本を超える。

声優編集

イタリアでは外国語映画をイタリア語に吹き替えて上映する事が多いため、アル・パチーノジャック・ニコルソンらの吹き替えで非常によく知られているほか、フランコ・ゼフィレッリ監督の『ロミオとジュリエット』のレナード・ホワイティングヴァレリオ・ズルリーニ監督『タタール人の砂漠』のジャック・ペランの吹き替えが有名。またルキーノ・ヴィスコンティ監督『ルートヴィヒ』のヘルムート・バーガーの声も彼の吹き替えによるもの。

脚本/監督編集

1987年には脚本も手掛けた主演作、『Ternosecco』で監督デビューをした。 2010年には『I Looked In Obituaries』で23年ぶりに監督と主演を務めている。

趣味編集

18才で演劇の道に進むまで電子工学を学んでおり、趣味はそれを活かした発明

家族編集

次男のアドリアーノ・ジャンニーニも俳優になり『流されて…』のリメイクスウェプト・アウェイ』で父親の演じた役を演じた。

主な出演作品 編集

関連項目編集

外部リンク 編集

be:Джанкарла Джаніні bg:Джанкарло Джанини da:Giancarlo Gianninifi:Giancarlo Gianninihe:ג'אנקרלו ג'אניני is:Giancarlo Giannini it:Giancarlo Giannini la:Ioannes Carolus Giannini nl:Giancarlo Gianninipt:Giancarlo Giannini ro:Giancarlo Gianninisv:Giancarlo Giannini tl:Giancarlo Giannini tr:Giancarlo Giannini