FANDOM


ジョー・ドン・ベイカーJoe Don Baker, 1936年2月12日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州生まれの俳優

来歴 編集

個性派俳優として知られるベイカーは、1936年テキサス州グローズベックに生まれる。カレッジ在学中から演技を始め、カレッジ卒業後に軍隊へ入学した後は、軍の演劇学校に入学する。除隊後は様々な職をこなす傍ら、アクターズ・スタジオで演技を本格的に勉強し始める。1964年にニューヨークで初舞台を踏み、テレビなどで活動した後に、1967年暴力脱獄』で映画デビューを果たす。1969年には、ブロードウェイデビュー。1972年に出演したサム・ペキンパー監督の『ジュニア・ボナー/ 華麗なる挑戦』では再びスティーヴ・マックイーンと共演し、劇中ではマックイーンの弟役を演じた。それ以後も個性的な役柄で、アクション西部劇など多くの映画で活躍している。『007』シリーズではティモシー・ダルトン版とピアース・ブロスナン版の両方において、それぞれ違う役柄で登場している。

出演作品 編集

映画 編集

テレビドラマ 編集

外部リンク 編集

simple:Joe Don Baker