FANDOM


ファイル:Tina turner 21021985 01 350.jpg

ティナ・ターナー(Tina Turner、1939年11月26日 - )は、アフリカ系アメリカ人女性歌手女優作家

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」に於いて第17位。

略歴 編集

テネシー州出身。1960年代から1970年代にかけてはアイク&ティナ・ターナーとして活躍、1980年代に奇跡的な復活を遂げた。

旧姓名はアンナ・メイ・ブロック。後に夫となるアイク・ターナーに見出され、1960年にアイク&ティナ・ターナーとしてデビュー。野性的でパワフルな歌唱と激しいステージングで人気を博し、R&B界で多くのヒットを飛ばす。1971年には、CCRのカバー曲「プラウド・メアリー」がポップチャートでも大ヒットする。

夫アイクの暴力や麻薬中毒が深刻になり離婚。契約上の問題からアイク&ティナ・ターナー時代の曲を歌うことができず、1970年代後半は不遇をかこっていた。しかしこの頃、イギリスのB.E.F(ブリティシュ・エレクトリック・ファンデーション)のリーダーであるマーティン・ウェアより、カバー曲のゲストボーカルになることを強く促され、グレン・グレゴリーと満を持してレコーディングしたBall of confusion(That's what the world is today) (テンプテーションズ)のカバーが全英シングルチャートでスマッシュヒットし、再び脚光を浴びることになった。

1984年、アルバム『プライヴェート・ダンサー』からシングルカットされた「愛の魔力(What's Love Got to Do with It?)」が全米1位を記録。グラミー賞最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀女性ポップボーカル賞に輝き、トップスターとして華麗なる復活を遂げた。

デヴィッド・ボウイとの「Tonight」、ブライアン・アダムスとの「It's Only Love」、エリック・クラプトンとの「Tearing Us Apart」といったデュエットでも話題になり、映画『マッドマックス/サンダードーム』の主題歌も大ヒット。1990年代以降も安定した活躍を続けている。

1991年に、アイク&ティナ・ターナーとして、ロックの殿堂入りを果たす。

1995年には、映画『007 ゴールデンアイ』の主題歌が、全英7位のヒットとなる。自伝映画に『ティナ』。

日本公演編集

1985年
12月28日 日本武道館
1988年
3月14日,15日 日本武道館

関連項目編集

外部リンク編集

テンプレート:USAフォー・アフリカ テンプレート:Singer-stub テンプレート:Music-stub テンプレート:Link GA

als:Tina Turner ar:تينا ترنر bg:Тина Търнър ca:Tina Turner cbk-zam:Tina Turner cs:Tina Turner cy:Tina Turner da:Tina Turnereo:Tina Turneret:Tina Turner fa:تینا ترنر fi:Tina Turnerga:Tina Turner gl:Tina Turner he:טינה טרנר hr:Tina Turner hu:Tina Turner id:Tina Turner it:Tina Turner ka:ტინა ტერნერი kl:Tina Turner ko:티나 터너 lt:Tina Turner lv:Tīna Tērnere mk:Тина Тарнер mn:Тина Төрнэр mrj:Тина Тӧрнер nl:Tina Turnerpt:Tina Turner ro:Tina Turnersimple:Tina Turner sk:Tina Turner sl:Tina Turner sq:Tina Turner sr:Tina Tarner sv:Tina Turner szl:Tina Turner th:ทีน่า เทอร์เนอร์ tr:Tina Turner uk:Тіна Тернер vi:Tina Turner zh:蒂娜·透納