FANDOM


テリー・サバラスTelly Savalas, 1922年1月21日 - 1994年1月22日)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ロングアイランド出身の俳優。表記はサヴァラスとも。本名、Aristotle Savalas。

生涯 編集

父はギリシャ移民タバコの輸出入業者。

コロンビア大学心理学を専攻し、その後劇団を経て1959年に舞台デビュー。同じ年、『明日なき十代』で映画にもデビュー。続く『終身犯』ではアカデミー助演男優賞候補となった。

禿頭がトレードマークで、日本では特にテレビドラマ刑事コジャック』(1973年 - 1990年)の主演で有名。

日本語吹き替えは森山周一郎(主に「刑事コジャック」)が担当していた。

ダンディで颯爽としたヒーローを演じ、お茶の間で親しまれた。70年代後半になるとその個性を逆手にとって強烈な悪役や不気味なキャラクターを演じた。1994年『バック・ファイヤー!』でも健在ぶりを披露し元気な姿を見せていたが、すでに前立腺癌に冒されていた。

1994年1月22日で死亡。70歳没。 

親友は俳優のジョン・アニストンで、彼の娘でテレビドラマ『フレンズ』に出演している女優ジェニファー・アニストン(Jennifer Aniston)の名付け親でもある。

エピソード 編集

サバラスは若いころに不思議な体験をしていて、トークショーなどでよく話していた。1957年2月27日にロング・アイランドの田舎道を自動車で走っていた彼は、午前3時にガス欠を起こしてしまった。近くの食堂でガソリンスタンドの場所を聞き、歩き始めるとヘッドライトを消した黒いキャデラックが停まり、若い男が妙な甲高い声で話かけてきた。彼はスタンドまでサバラスを乗せてくれたうえ、小銭まで貸してくれた。どうしてもこれを返したいというサバラスの頼みに、男は紙切れに「ハリー・アガニス」という名と住所、電話番号を書いてくれた。

後日サバラスが電話をかけると、彼の妻が出て、困惑した様子で「ハリーは3年前に高校の同窓会に向かう途中事故でキャデラックが炎上し死んだ」と告げ、すすり泣いた。驚いたサバラスがアガニス家を訪ねると、妻のジェーンは紙切れの筆跡は夫に間違いなく、服装(黒いタキシードに白い絹シャツ、黒い蝶ネクタイ)も埋葬時のものだと語った。ハリーは咽頭癌の手術で声が甲高くなっていたという。

その後、サバラスは都合3回アガニスを見たといい、2回目はゴルフ場に白い背広で現れたあと、消えたと語っている。サバラスは「私にもさっぱりわからない。この事件は一生忘れられない。いつかこの謎が解ける時が来るのだろうか」と述懐している[1]

青池保子の漫画作品『エロイカより愛をこめて』の登場人物「子熊のミーシャ」は、サバラスをモデルにしている[2]

主な出演作品 編集

  • 『機関銃を捨てろ』-Mag Dog Coll (1960)
  • 『明日なき十代』 -The Young Savages (1960)
  • 『終身犯』-Birdman of Alcatraz (1961)
  • 『恐怖の岬』 -Cape Fair (1962)
  • 『プレイガール陥落す』-Love Is a Ball (1962)
  • 『ひとりぼっちのギャング』 -Johnny Cool (1963)
  • 『現金お断り』-The Man from the Dinner's Club (1963)
  • バルジ大作戦』-Battle of the Bulge (1965)
  • 『ジンギスカン』 -Genghis Khan (1965)
  • 偉大な生涯の物語The Greatest Story Ever Told (1965)
  • いのちの紐The Slender Thread (1965)
  • 『ボージェスト』-Beau Geste (1966)
  • 特攻大作戦The Dirty Dozen (1967)
  • 0011ナポレオン・ソロ/ミニコプター作戦』-The Karate Killers (1967)
  • 『FBIの敵No.1』-Cosa Nostra an Arch Enemy of the FBI (1967)
  • 『インディアン狩り』-The Scalphunters (1967)
  • 『追いつめて殺せ』 -The Onry kill Once (1968)
  • 女王陛下の007』 -On Her Majesty's Secret Service (1969)
  • 『世界殺人公社』-The Assassination Bureau (1969)
  • マッケンナの黄金』-Mackenna's Gold (1969)
  • 戦略大作戦』-Kerry's Heroes (1970)
  • 『狼の挽歌』-Citta Violenta (1970)
  • 『荒野のライフル』-A Town Called Basterd (1971)
  • 『課外授業』-Pretty Maids All in a Row (1971)
  • 『皆殺しL.A.コネクション』 -Cray Pigeon (1971)
  • 『ダーティ・セブン』 -Una Ragion per Vivera e Una per Morire (1972)
  • 『ゾンビ特急”地獄”行き』 -Horror Express (1972)
  • 『シシリアン・マフィア』-I Fammliari Delle Vittime Non Saranno Avvertiti (1972)
  • 『J&S/さすらいの逃亡者』 -La Banda J&S: Cronaca Criminale Del Far-West (1972)
  • 『新エクソシスト 死肉のダンス』-La Casa Dell' Exorcism (1975)
  • 『ダイヤモンドの犬たち』 -Killer Force (1975)
  • 『怪盗軍団』 -Inside Out (1975)
  • カプリコン・1』-Capricorn One (1977)
  • 『テリー・サバラスの犯罪病棟』-Beyond Reason (1977)
  • 『マペットの夢見るハリウッド』 -The Muppet Movie (1979)
  • オフサイド7』 -Escape to Athena (1979)
  • ポセイドン・アドベンチャー2』-Beyond the Poseidon Adventure (1979)
  • 『テリー・サバラスのフェイク・アウト』-Fake Out (1982)
  • キャノンボール2』-Cannonball Run II (1983)
  • 『ハリウッド探偵事務所』-The Hollywood Detective (1989)
  • ザ・コミッシュ』 -The Commish (1991)
  • 『バック・ファイヤー!』-Back Fire! (1994)

脚注 編集

  1. Nigel Blundell著「The World's Greatrst Mysteries」(世界不思議物語)、Tom Slemen著「Strange But True - Mysterious and Bizarre People」
  2. 『エロイカより愛を込めての創りかた』(マガジンハウス、青池保子著)

外部リンク編集

bn:টেলি সাভালাস ca:Telly Savalas cs:Telly Savalas da:Telly Savalasel:Τέλι Σαβάλαςeo:Telly Savalasfi:Telly Savalashe:טלי סוואלס hu:Telly Savalas id:Telly Savalas it:Telly Savalas la:Aristoteles Savalas nl:Telly Savalaspt:Telly Savalas ro:Telly Savalassh:Telly Savalas simple:Telly Savalas sr:Тели Савалас sv:Telly Savalas tl:Telly Savalas tr:Telly Savalas yo:Telly Savalas zh:特利·薩瓦拉斯