FANDOM



サー・ロジャー・ジョージ・ムーア KBESir Roger George Moore KBE, 1927年10月14日 - )は、イギリス出身の俳優。1973年から1985年の間、7つの007シリーズでジェームズ・ボンドを演じた。身長は185cm。

人物編集

ロンドンのストックウェルで警官の息子として生まれたムーアは、バッキンガムシャー、アマーシャムのドクター・シャロナーズ・グラマースクールに入学した。1940年代に映画にエキストラ出演した後、入隊し第二次世界大戦中はイギリス軍の娯楽部隊に所属。

除隊後再び大部屋俳優に。モデルやテレビのステージ・マネージャーなどの職業も経験。1950年代に入ってアメリカに渡り、テレビドラマに出演する下積み生活が続いた。1954年メトロ・ゴールドウィン・メイヤー映画『雨の朝巴里に死す』に出演、同年MGMの契約俳優となる。

1962年、テレビシリーズ『セイント 天国野郎』に主演してスターの地位を得る。71年からの『ダンディ2 華麗な冒険』などのテレビシリーズでも活躍。

1973年に『007 死ぬのは奴らだ』で3代目ジェームズ・ボンド役に抜擢され、国際的スターの座にのぼる。持ち前の上品で軽妙洒脱なユーモアが愛され、1985年の『007 美しき獲物たち』までシリーズ7作品に主演(現在6人のボンド俳優の中で最多の出演本数)。だが、それはイオン・プロダクション製作の「007」シリーズだけの話であり、「ジェームズ・ボンドを演じた回数」でいえばショーン・コネリー(イオン・プロ製作6作品+番外編『ネバーセイ・ネバーアゲイン』)と同じである。

ボンド役については、原作者イアン・フレミングがムーアを推薦しており、ムーアが「セイント」で活躍していた頃、ショーン・コネリー降板後の2代目ボンド俳優の候補となったが、ムーアがテレビの仕事でスケジュール調整がつかなかったため、結局ボンド役はジョージ・レーゼンビーに。レーゼンビーの降板後、再びムーアにボンド役の誘いがあり、ムーア・ボンドの誕生となったという経緯がある(5代目ボンドとして活躍したピアース・ブロスナンのボンド役決定までにも似たような経緯がある)。

彼が演じた007はシリーズ中でもかなり豪華なアクションを取り入れたものとなっていたり、他にも数々のアクション映画に主演したムーアだが、意外にも自他共に認める運動音痴だという。唯一得意だった競技は水泳。このため、歴代ボンドでスタントマンによる吹替えを多用したとの説もある(なお、後にアクションを嫌い本人が希望したとも言われている。20周年を記念したドキュメンタリーでも本人が冗談めかしくその様なコメントをしている)。また、最後のボンド作品となった『007 美しき獲物たち』ではムーアはすでに50代後半。ほとんどのアクションシーンではスタントマンを使ったのだという。同作ではかなり顔の皺が目立っている。ムーアが『美しき獲物たち』を最後にボンド役を降りた理由は、冗談めかしに「これ以上やったら殺される」ということであった。

意外だが、初代ボンドショーン・コネリーに比べて3歳年上である(ショーン・コネリーの生年月日は1930年8月25日)。

日本では7代目トヨタ・コロナ(T140系、最後のFRコロナ)のCMキャラクターを務めたことでも知られている。ムーアはCMや広告に登場したばかりではなく7代目コロナのカタログにも登場している。また、複数回来日している。

俳優として活躍する一方、ユニセフ親善大使オードリー・ヘップバーンに勧められたという)などボランティア活動にも精力的で、2003年にはナイトの称号を与えられた。同年にはブロードウェイの舞台で倒れ、病院に搬送される騒ぎもあった。


2007年にはハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに星を獲得した。式典には007の宿敵ジョーズを演じたリチャード・キールや、『007 死ぬのは奴らだ』で共演したデヴィッド・ヘディスン、女優ステファニー・パワーズらが出席したが、ムーアが星の前でひざまずいた後、立ち上がるのに人手を借りねばならない一幕もあった。2008年には初めての自伝 "My Word Is My Bond" を上梓、また仏芸術文化勲章の最高章であるコマンドゥールを授与された。

私生活では、4度の結婚をしている。2人目の妻である歌手のドロシー・スクワイアーとは1961年に破局したが、彼女がその後8年間離婚を拒んだため、ムーアと後述するルイザ・マッティオリとの間の子供のうち2人は、庶出子となってしまった。ドロシーは1998年に死去したが、2009年になってムーアはドロシーが子供の頃住んでいた家に300ポンドのブルー・プラークを贈った。

3人目の妻である元女優のルイザ・マッティオリとの間には2男1女がおり、子供の中でジェフリーとデボラは俳優になった。1994年、ムーアがルイザに電話で二人の38年間の関係は終わったと告げ、1993年に患った前立腺癌のためリヴィエラで療養中、ルイザの親友であるクリスティナ・ソルストラップと恋愛関係になっていたことが明らかになった。2002年に1億ポンドの慰謝料でルイザとの離婚が成立すると、ムーアは74歳でクリスティナとモンテカルロで秘密裏に結婚式を挙げたが、このときムーアの子供は誰も出席しなかった。しかし、2007年のハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム殿堂入りの際には、妻クリスティナとムーアの3人の子供がそろって出席した。

主な出演作品 編集

007シリーズ 編集

その他の作品 編集

映画

テレビ

来日時の主なテレビ出演 編集

参照 編集

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。