FANDOM


"私が資金係よ(I'm the money.)"
― ヴェスパー[src]

ヴェスパー・リンドは007シリーズの登場人物。

人物編集

原作小説編集

映画(2006)編集

背景編集

ヴェスパーは、FATF(日本では『マネーロンダリングに関する金融活動作業部隊』と訳される)の連絡員で、映画『007 カジノ・ロワイヤル』のボンドガール。 カジノ・ロワイヤルにおける任務の際に資金係としてボンドに同行する。また、彼女はテロ組織『クウォンタム』に所属する二重スパイでもある。

『クウォンタム』とのつながり編集

ヴェスパーにはユセフ・カビラという名の愛人がいて、クウォンタムは彼を人質にして彼女を利用し、ル・シッフルのポーカーゲームでボンドが負けるように仕組もうとしていた。

しかしそれが失敗すると、クウォンタムはミスター・ホワイトを送り込んでル・シッフルを殺害したのち、ボンドと恋に落ちたヴェスパーと取引をした。そしてヴェスパーは、ボンドの命を守るために、事件が収まったのち、ポーカーで勝った金をクウォンタムに引き渡し、そのまま入水自殺した。

死後編集

カジノ・ロワイヤルの次作『007 慰めの報酬』では、ボンドは引き続き『クウォンタム』を追い、Mrホワイトの尋問シーンでヴェスパーの名前が挙がる。また、『007 スペクター』では、オープニング・ムービーにカジノ・ロワイヤルでのヴェスパーの映像が登場したり、ブロフェルドとの会話で名前が挙がるなどしている。

登場作品編集